【手放し記録#2】季節の変わり目、服の手放し

スポンサー広告

手放し記録、第2回です。

前回は靴4足を一気に手放した話をしました。

第2回の今回は、衣替えの季節に手持ち服を見直した話です。
2ヶ月かけて吟味し、9着減らしました。

一気に紹介していきます。

スボンサー広告

赤のタートルネックニット:肌触りチクチク

アメリカンホリックだったかな?何年も前に買ったニットです。

気に入って大切に着ていたのですが、首元のチクチクが我慢できなくなった。
着ていたらかゆくてかゆくて…。

アクリル100%です。
これからニットを買うなら天然繊維一択という教訓を得ました。

くっきりした赤のタートルは着ていてもクローゼットで見ても気分が華やいだ。
またいつか欲しくなりそうです。今度は天然繊維で。

紫のヨガレギンス:伸びきってユルユルに

何回か履いたら伸び切ってしまったヨガレギンス。

ゆるゆるでヨガのときに履くのは心もとなくなり、いつしか手が伸びなくなっていた。
他のレギンスを買い足したので手放します。

写真を撮り忘れたけど、FALKEのコットンタイツ(ブラウン)も毛玉が増えたので手放した。
3年くらい履きました。頑丈。

created by Rinker
FALKE(ファルケ)
¥3,960 (2024/05/27 08:59:20時点 Amazon調べ-詳細)

FALKEのタイツはマイ定番なのでこれからも履き続けます。
チャコール、ボルドー、ネイビーがまだ手元にある。

黒の長袖Tシャツ:大量のホコリ

BOODYの長袖Tシャツです。
竹由来のレーヨン100%でサステナブル、肌触りがよくパジャマにもヨガにも使える。
159cmの標準体型でSサイズだと、部屋着にちょうどいいゆったり感でした。

去年の11月末のブラックフライデーセールで買ったので、7ヶ月ヘビロテしました。
2月から6月頭までは2日に1回ペースで着ていた。

着過ぎて生地が傷んだのでしょうか、急にホコリまみれになって取れなくなりました…。

急激にこうなった

服がホコリまみれなだけならいいんですけど(よくない)、このシャツを着て木のテーブルや椅子に触れるとホコリが移動してこびりつく。
拭いても拭いてもなかなか取れない、細かいホコリで椅子やテーブルがザラザラする…。

さすがにダメだと思って手放しました。

着心地はすごく好きだったんだけどなー。

汗をかいてもべたつかないし、丈が長くてお尻まで隠れるし、伸びがいいのでヨガでどんなポーズでも取れる。
繰り返し着るうちにどんどん伸びて丈が長くなっていったけど、部屋着なので特に困ることはなかった。

最後はホコリまみれになっちゃったけど、7ヶ月着倒したので悔いはない。
あのとろけるような着心地が早くも恋しい
寒くなったらリピすると思います。

BOODY ロングスリーブラウンドネックTシャツ

ジーンズ2本:サイズが合わない

左と右を手放しました。

手持ちのジーンズ3本。

左のジーンズはユニクロのカーブパンツです。
2019に買ったんですかね。
濃いインディゴでハイウエストのデニムが好きで履きまくっていました。

しかしウエストがぎりぎりのサイズを買ったので、もうキツくてキツくて履きたくない。
どうやって今まで履いてたんだ?というほど。体型は変わっていないのに。

ウエストぴったりの方が格好よく履けると思い、実際シルエットは美しかったのですが。
もう頑張れないです。今までありがとう。

右のデニムは中学生〜高校生くらいから履き続けたもの。
久々に履いてみたらローライズは腰回りが落ち着かない。お腹が冷える。
しっくり来なくなったのでお別れします。

白のシャツワンピース:丈が合わない

サマンサモスの白シャツワンピース。

可愛いけどあまり着る機会もなく、白は下着の透けが気になり、綿100%でシワがつきやすいのも面倒で。

手放す決め手はUNIQLO and Mame Kurogouchiのスリップと丈が合わなかったことです。

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E450791-000/00?colorDisplayCode=36&sizeDisplayCode=004

スリップの方が丈が長くてワンピースの裾からはみ出してしまった。
このスリップ大好きで他のものを探すつもりもないので、ワンピースを手放すことにしました。

あまり着ないのになぜ白のシャツワンピに執着していたのか。
大学時代に好きでよく着ていたからです。
先代の白シャツワンピが好きで好きで、着る日はいつもうきうきしていたし、洗濯や透けの手間も平気だった。

今は違う。
体力が落ちてエネルギーの要る服は着られない。
思い出だけを大切に残しておきます。

紫のノースリーブワンピース:汗がべたつく

大学生のころ古着で見つけたワンピース。

友人と一緒に買いに行った楽しい思い出も含めて、大切にしていました。

しかし着心地や洗濯で気になる点もいくつか。

ポリエステル100%(と思われる。タグの印字が消えている)で裏地付きのワンピースは汗をかくとべたつく

自己判断で洗濯機に投入していたけど、生地のシワ加工が消えないかいつも心配で、気兼ねなく洗えない。

シワ加工の表地に汗で張り付く裏地

冬に長袖インナーと合わせて着てみたこともあるけど、袖がもたついて動きにくい。

好きな色にデザインだけど、小さなストレスが重なって手放すことにしました。

改めて見たら脇の下がヨレていますね。
何回も着たもんな。

今までありがとう。
夏の普段着は洗濯しやすいものだけを買います。

花柄のノースリーブワンピース:柄は好きだけど…

去年出たユニクロとジルスチュアートのコラボワンピ。
発売当時大人気で、売り切れ再入荷していたのを覚えている。

落ち着いた青とグリーンの色合いと浴衣を思わせる和テイストの花柄に惚れて買いました。

去年の夏から冬にかけてそこそこ着た。
何せ好きな色柄なので。

でも着心地は正直苦手だったんですよ。
結構ずっしり重くて、肩が凝るというほどではないけど、着ていて気になる。

生地は風を通さず暑いのにノースリーブで腕は冷える。
ノースリーブのワンピースって難しい…。

透け防止にキャミソールがついていましたが(写真忘れた)、ポリエステル100%で汗がべたつく。天然繊維がよかったな。

極め付けは街中でばったりお揃いに出食わしそうだと思い込んだことです。
いや、こんな田舎で遭遇するわけないんですよ。
分かってる、分かってるんだけど、結構売れたワンピースでユニクロなので、着てウロウロしているときに他の人に「うわ!あの人私とお揃いじゃんやだなー」「あの売れまくったワンピね」とか思われたくない。

気づけば家でばかり着るようになっていた。
はい、ただの自意識過剰です。

ユニクロの無地の服ではこんなこと一切思いません。
出先でお揃いの人に遭遇しても同じだね!と仲間意識を持つ。相手はお揃いで嫌かもしれないけど気にしない。
柄物だけなんですよね、こんなに気になるの…。

お気に入りなんだから堂々と着て歩ける自分でいたかった…でも着心地が苦手だから結局着なかったかな…という気持ちです。

柄物は難しいですね。
自分の好きな柄・色・素材・着心地、すべてパーフェクトで満たす服に出会うのは奇跡に近い。

柄物好きだから勢いで買ってしまいがちですが、素材や着心地も好みを満たさないとダメだと学びました。

ユニクロで売れ筋の柄物は自分にとって鬼門のようなので、どんなに好きでも今後は避けておきます。
どうしても欲しくなったら、今回のジルコラボワンピの苦い経験を思い出します。
(今年のジルコラボワンピもすごく好みだったけど、同じ轍を踏むと分かっているので我慢した。でも可愛い…。)

ワードローブは変化の途上

長らくモヤモヤしていた服たちを手放せたので、クローゼットのゆとりが増えました。

でもまだまだ減らしたい。
最近はヨガウェアばっかり着ているので、シャツやワンピースやパンツなどもっと減らせそうです。

今着るものだけ、すっきりしたワードローブを目指して手放しを続けていきます。

次の回の手放し記録はこちら。

スポンサーリンク
ひよぞう

ひよぞう

適応障害(うつ)を患い療養して4年。ズボラでも日々を生きやすくするために奮闘する日々を綴っています。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA