【インナー】定番品を決めたら管理がラクになった【タイツ靴下】

マイ定番に決めたFALKEのタイツ、プチバトーのタートルネック、841の内絹外綿5本指靴下。
スポンサー広告

服を着ないと生きていけない。

服選びは好きですが、毎日のことなので少しでもラクにしたい。
ファッションの楽しみと生活の便利さを両立できるラインを探っています。

今回の記事は、傷んだら買い直す定番品を決めると服の管理がしやすくなったよという話です。
インナーや靴下、タイツなど、入れ替わりの激しいアイテムは定番品を決めています。

スボンサー広告

定番品を決めるメリット

どれを買うか悩まない

買い替えが必要になったときに、どこで何を買うか悩まなくてすむ。

前回と同じ店で同じものを淡々と買うだけです。

洗濯に悩まない

直接肌に触れるアイテムは汗や汚れがつきやすく、頻繁な洗濯にさらされます。
どんなに丁寧に扱っても傷みが早くなってしまう。

いつもと同じ定番品なら洗濯の方法を買える必要もない。
洗濯機でいつも通り洗うだけです。

収納に悩まない

半袖Tシャツでもブランドや型によってサイズが違い、微妙に収納しづらくなることがあります。
たんすの間仕切りに収まらないとか。
ささやかな使いづらさを放置しておくと、ズボラなわたしは収納がおっくうになり部屋が荒れます。

定番品を決めることにより、収納に悩まなくなり服の管理がラクになりました。

定番品を決めるデメリット

特に思いつかないです。

強いて言うなら、定番品を決めるに当たって納得できるものを探すのが大変なくらいかな?
探す作業は楽しいので、個人的には苦にならないです。

定番品の条件

いつでも手に入る

必要になったときにいつでも買い替えるには、当たり前だけどいつでも売っていなければならない。

この当たり前がなかなか難しいです。
商品の入れ替わりが激しいファッション業界、いつでも買えるアイテムなんて全体の何%でしょうか。

数年後にも同じアイテムを同じように買いたい。
そう思うと、長く愛されるブランドのロングセラー商品を選ぶことになります。

着心地がいい

着心地が悪い服はどんなに好きでも遠ざかっていく。
おうち時間が増えるとその傾向が強まりました。
昔のようにおしゃれで我慢できない、切実に(アラサー)。

着ていてラクな服、できるなら着たまま家でゴロゴロしても平気な服がいいです。

手入れしやすい

洗濯機で洗えるのは必須条件です。
おしゃれ着ならたまの手洗いも耐えられるけど、しょっちゅう着て洗うを繰り返す服では無理。

毛玉になりにくいかどうかも重視しています。

天然素材の混率が高い

定期的に新品に買い替える前提だと、サステナブルなものが好ましい。
化学素材より天然素材のものをできるだけ選びたいと思っています。

色展開が多い

必須条件ではないけれど、満たしていたら嬉しい項目。

ファッションの軸はぶれないけれど、好みは少しずつ変化します。
黒より紺がいい、たまには明るい色を着たいなど。

そういった揺らぎを定番品が受け止めてくれるとたいそうありがたい。

わたしの定番品いろいろ

FALKE FAMILY(タイツ)

「タイツ=窮屈なもの」というイメージをぶち壊してくれた名品。
ファルケを買ってから、他のタイツを全て手放しました。

コットン94%で肌がチクチクしない。
厚手で冬もあったか、色展開も豊富。
カジュアルなタイツが好きな方はぜひ。

created by Rinker
FALKE(ファルケ)
¥3,960 (2024/04/13 11:38:30時点 Amazon調べ-詳細)

プチバトー タートルネックカットソー

襟がシャンと立つタートルネックのインナーを探した結果のプチバトー。

自分で着るのは毎年買える白や黒ばかりだけど、その年だけの限定カラーもついついチェックしちゃう。
2021年は限定カラーの赤を買おうか悩み続けています。

NOUVELLES DU PARADIS トロワフライスクルーネック

消耗品ではないですが、いつか傷んだら同じものを買い替えたいという思いを込めて定番品に入れました。

Tシャツには出せないニットならではの綺麗めな雰囲気を取り入れたいけど、毛玉の手入れは面倒。
ぱっと見はニットだけど、コットン100%で毛玉のできないカットソーです。

買ってまだ1年足らずだけど、耐久性はありそう。大切に着たいです。

841 内絹外綿5本指ソックス

家での春秋冬ソックスはいつもこれ。
ゆるゆるでリラックスできます。

指の間の冷えに悩んでいましたが、この靴下を履いて改善されました。
内側が絹、外側が綿です。
これ1つ履くだけで靴下2枚を重ね履きしていることになる、らしい。

created by Rinker
841(ヤヨイ)
¥1,350 (2024/04/13 18:59:03時点 Amazon調べ-詳細)

天衣無縫 リブキャミソール

右は841の靴下

寝るときも出かけるときも、常に着ているキャミソール。

オーガニックコットンにしては価格も手頃で、洗濯を繰り返してもヘタらない。
ブラウンは白いシャツの下に着ても透けません。

BOODY ミディブリーフ

履いているのを忘れるショーツ。

柔らかい生地がお尻を優しく包み込む。
食い込みゼロで不快な要素がひとつもない。

竹素材すごい。
サステナブルだからというだけでなく、ただただ快適なので買い続けたいショーツです。

created by Rinker
Boody(ブーディ)
¥1,500 (2024/04/13 18:59:05時点 Amazon調べ-詳細)

People Tree オーガニックコットンパジャマ

オーガニックコットンのパジャマ、やっぱりいいです。
肌当たりが柔らかい。
コルク素材のボタンも密かにお気に入り。

毎晩パジャマに着替えるたびに、穏やかな幸福感に包まれる。
思い切って買ってよかった。
ずっと先になりそうだけど、傷んだら同じものを買い直したいです。

created by Rinker
ピープルツリー
¥12,100 (2024/04/13 13:37:21時点 Amazon調べ-詳細)

これからも買い続けたいものたち

派手なものはないけど、毎日の服装をつつましく支える縁の下の力持ちたち。
主役にはならなくとも、いなくなると困る優秀選手ばかりです。

願いはただひとつ。

廃盤にならないで!(使いづらくなる)リニューアルはしないで…!
(あっ、願いがふたつだった)

これからも買い替えを挟みながら長く付き合っていきたいです。

スポンサーリンク
ひよぞう

ひよぞう

適応障害(うつ)を患い療養して4年。ズボラでも日々を生きやすくするために奮闘する日々を綴っています。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA